業務形態は二つ

安定した職を持ちたいといった方や、スキルを上げたい人にとても人気の資格が社会保険労務士です。
また、将来は自身で開業して事務所を持つという夢を持っている人もたくさんいます。
社会保険労務士の形式には、勤務と開業の2種類が存在するのはご存じですか。
同じ職業で同じ資格には違いないのですが、両者には相違点がたくさんあります。

まず、得られる収入について開業したほうが高額だといったようなイメージがあるかと思います。
しかし、開業するということは会社経営と同じになりますから上手に顧客を集められないと運営が厳しくなってしまいます。

その反面で、勤務をおこなっている社会保険労務士の場合には、常に収入は安定的といえます。
資格の取得後に、開業して成功した場合の収入と比較するととても遠くおよびませんが、確実に決まった収入を得ることが出来るとい利点があります。

そして、勤務形態もまた相違点があります。
勤務の場合になると、一般的な社員と同じ形式で働くことになります。
企業の勤務形態が朝8時~夕方の5時だとするならば、それに合わせて働くことになっています。

また出勤時間に関してはというと、社員と同じ時刻であることがほとんどといわれています。
これに対して、開業しての場合は時間の制約はありません。
開業した場合は、主にコンサルティングに関する仕事が多くなってきます。
この場合は、顧問として契約することが多くなってきますので、業務に携わる時間帯とても不規則になりがちです。

*このサイトは現在準備中です